標準物質 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報・普及啓発 アクセスマップ

セラミックス標準物質のお求めはJFFCCへ


戻る
熱拡散率測定用標準物質 (TD-AL)

TD-AL

 セラミックスの熱拡散率は主にレーザーフラッシュ法で測定されていますが、その測定の不確かさを検証するためには熱拡散率が与えられた標準物質が必要です。
 熱拡散率測定用標準物質(TD-AL)はJFCCと計量研究所との共同開発により開発された標準物質であり、室温〜1000Kの温度範囲で熱拡散率標準値が与えられています。なお、本標準物質に関する詳細な測定方法やデータは、別途頒布の(TR-TD-AL テクニカルレポート)に記載されていますので参考にして下さい。


特長
室温から1000Kの温度範囲において熱拡散率標準値が与えられている。
標準物質材料の製造工程や物性が明らかである。
長期にわたり安定した供給が保証されている。


用途
レーザーフラッシュ法等による熱拡散率測定における不確かさの評価に用います。


TD-ALの概要
略号 TD-AL
材料 多結晶体アルミナ
寸法 φ10×2mm, φ10×3mm(厚さは公称値)
測定方法 レーザーフラッシュ法等
温度範囲 室温〜1000K
熱拡散率標準値 ※1    温度 (K)    熱拡散率(×10-5m2s-1)
293 1.084
300 1.034
500 0.425
700 0.280
1000 0.190
不確かさ ※2 上記熱拡散率に対し、5.6%(95%信頼区間)
※1 ここには標準値として代表的な温度での値を記してあります。熱拡散率標準値は温度の関数として表示されており、任意の温度での標準値が算出可能。
※2 ISO GUIDE 35-1989に基づいて算出(詳細はテクニカルレポートに説明)


熱拡散率標準値
標準物質 (TD-AL) の熱拡散式は次式で表されます。ただし、α:熱拡散率(m2s-1)、T:温度 (k)

熱拡散式

熱拡散率は温度に対して下図のように変化をします。
なお熱拡散率はパルス加熱前の試料温度に対応する値です。

図/熱拡散率測定用標準物質 TD-ALの熱拡散率の温度変化


熱拡散率の温度変化


標準物質測定上の注意
試料の厚さは公称値ですから、測定前にマイクロメーターにより1μmオーダーまで計測して下さい。なお、熱拡散率標準値は黒化膜形成後の厚さを用いて算出しています。
本標準物質は半透明の材料ですから黒化膜の形成に注意して下さい。黒化膜が薄い場合にはレーザー光が透過してしまいますし、厚い場合には熱抵抗となり、誤差の要因になります。また、レーザー光により黒化膜が損傷する場合もありますので、測定事に確認して下さい。
測定保証温度範囲は室温〜1000Kです。それ以上の温度に加熱した場合は標準物質として保証しかねますのでご注意下さい。
本標準物質は多結晶体アルミナであり、常温で保存する場合、変質等することはありませんが、欠けや割れなどが生じないよう保管の際は箱に入れ衝撃等のないようにして下さい。

熱拡散率測定用標準物質 TD-AL
頒布価格 90,000円/セット
※料金には消費税を含みません


参考資料
テクニカルレポート TR-TD-AL
レーザーフラッシュ法による熱拡散率測定用標準物質の特性
(1) はじめに (2) 標準物質材料 (3) 測定方法 (4) 熱拡散率の均質性 (5) 熱拡散率の安定性 (6) 標準物質供給用焼結体と試料の作成 (7) 標準式の決定と不確かさの評価 (8) おわりに
頒布価格/20,000円
※料金には消費税を含みません

戻る

→ 標準物質申込書(PDF/22kバイト)


標準物質頒布の詳細お問合せ、お申し込みは下記まで。

お問合せ・お申込先
〒456-8587 名古屋市熱田区六野二丁目4番1号
(一財) ファインセラミックスセンター 研究企画部
TEL 052-871-3500
FAX 052-871-3599
e-mail:standard@
(※メール発信は@の後ろに jfcc.or.jp を付けて送付ください)

Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.