研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ


燃料電池・環境調和材料 研究開発トップへ この分野の一覧へ 2013年度の一覧へ

2013-2

高温クリーン過熱水蒸気処理装置の開発とその応用


技術のポイント

厳密な温度制御かつ雰囲気制御が可能な誘導加熱(IH)式高温クリーン過熱水蒸気処理装置を開発

実用化研究


背景
過熱水蒸気は、加熱空気に比べて高速かつ均一な加熱・乾燥が可能である等の特異な性質を有することから、近年、新しい熱処理技術として注目を浴びている。

目的
IH式高温クリーン過熱水蒸気処理装置を開発するとともに、それを用いて高温過熱水蒸気の利用技術 [セラミックス成形体の高速脱脂、CFRPからの繊維回収 等] を開発する。

成果
(1) IH式高温クリーン過熱水蒸気処理装置を開発した。
(2) セラミックス成形体の高速脱脂が可能であるとともに、CFRPから炭素繊維を織物状態で回収可能であることを確認した。


図1. IH式高温クリーン過熱水蒸気処理装置の概念図
脱脂雰囲気
[炭素除去率]
過熱水蒸気
[96wt%]
大気
[99wt%]
焼結体
浸透探傷試験

き裂無し

き裂有り
図2. セラミックス成形体の高速脱脂処理−焼結後の外観
図3. CFRPの過熱水蒸気処理による繊維回収と
樹脂再含浸試験結果(再含浸性良好)



今後の展開
過熱水蒸気処理条件の最適化
および処理効果の体系化
過熱水蒸気処理技術の適用範囲を拡大

参考文献 和田匡史, 河合和彦, 林一美, 北岡諭, 金属, vol. 83, 402-5 (2013).
謝辞 本研究は、経済産業省・戦略的基盤技術高度化支援事業、及び、「知の拠点あいち」重点研究プロジェクトの一環として実施したものである。



研究成果トップに戻る この分野の一覧に戻る 2013年度の一覧に戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.