研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ


微構造解析・計算材料設計 研究開発トップへ この分野の一覧へ 2015年度の一覧へ

2015-2

In situ 位置分解EELSによる全固体Liイオン電池の充放電中のLi濃度観察


技術のポイント

In situ 位置分解 電子エネルギー損失分光法 (EELS)を用いた充放電中のLi分布の直接観察

基礎研究


背景
全固体Liイオン電池では、電極/固体電解質界面におけるイオン移動の抵抗が高いことが実用化を妨げる要因となっている。その解決に当たって、Liの挿入脱離による電気化学反応を明らかにすることが重要である。

目的
TEM内で電池を充放電させながら、その場形成負極の位置分解EELS計測を行い、充放電によるLi分布の変化を明らかにする。

成果
(1) その場形成負極のIn situ 位置分解EELS解析に成功した。
(2) 充放電によるLi分布の変化を明らかにした。
Liイオン電池の充放電中のLi分布の直接観察立(世界初)




(a)全固体Liイオン電池の模式図 (b)負極集電体側のTEM像
(c)充放電測定における電圧、電流、総電荷量の時間変化(d)充放電によるLiの置分解EELS像



期待される適応分野
・ 高性能Liイオン電池の開発
・ 燃料電池などの電気化学デバイスの開発

参考文献 K. Yamamoto et al., J. Power Sources 266 (2014) 414-421.
謝辞 本研究は、NEDOの革新型蓄電池先端科学基礎研究事業(RISING事業)として実施したものである。



研究成果トップに戻る この分野の一覧に戻る 2015年度の一覧に戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.