研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ


研究成果/プロセス開発・材料開発 研究開発トップへ 2016年度の一覧へ

R-25
2016

酸化物セラミックスのレーザー焼結技術開発


技術のポイント

セラミックスの積層造形(3Dプリンター)の基盤となるレーザーを用いた高速焼結技術

基礎研究


背景
セラミックスは、樹脂や金属と異なり、溶融凝固で部材を製造することが不可能なため、積層造形の実現には新たなプロセス技術開発が必要

目的
レーザー積層造形の基盤となるレーザー焼結の要素技術開発
(1)セラミックス粒子を高密度に充填した層を形成する技術
(2)セラミックス粒子充填層を高効率でレーザー加熱する技術

成果
(1) 粒子充填密度90%以上の粉末粒子層を形成する技術を開発
(2) 10秒間のレーザー照射により、厚み300ミクロンのアルミナ粒子層を焼結できる技術を開発






期待される適応分野
・従来法では困難な複雑形状セラミックス部材の製造

謝辞 本研究は、内閣府/NEDO 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「革新的設計生産技術開発 高付加価値セラミックス造形技術の開発」で実施したものである



研究開発トップに戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.