研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ


研究成果/環境材料 研究開発トップへ 2017年度の一覧へ

R-34
2017

高品位リサイクル炭素繊維の低コスト回収技術


技術のポイント

未燃ガスを活用した省エネ型連続式炭素繊維回収
システムの開発と高品位リサイクル炭素繊維の回収

実用化研究


背景
CFRP廃材のリサイクルにおいては、低コストで高品位な炭素繊維を回収する技術が切望されている

目的
未燃ガスを活用したロータリーキルン方式による省エネ型連続式炭素繊維回収システムを開発するとともに、連続回収した繊維の特性を把握する

成果
(1) 最大10kg/hでリサイクル炭素繊維の連続回収が可能、かつ、繊維1kgあたりの回収に要するエネルギーが10MJ以下の装置を開発
(2) リサイクル繊維はバージン繊維と比べ、70%以上の引張強度を確認
(3) リサイクル繊維のエポキシ樹脂との界面密着性は、バージン繊維に対して70%を維持






期待される適用分野
・CFRP廃棄物量の削減と有効資源の活用
・リサイクル炭素繊維の高品位化によるリサイクル製品の用途拡大

参考文献/特許 和田他, 繊維機械学会誌, 64[8] (2016) 69., M. Wada et al., Compos. A, 85 (2016) 156.
特許第5876968号
謝辞 本研究の一部は、経済産業省・戦略的基盤技術高度化支援事業の一環として実施したものである



研究開発トップに戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.