研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ


研究成果/革新将来機能材料 研究開発トップへ 2019年度の一覧へ

R-31
2019

層状リン酸カルシウムのインターカレーションによる
キラル分子認識




課題
生体親和性の高い層状リン酸カルシウムの結晶表面が分子認識能を持てば、イン
ターカレーションとの組み合わせにより、センサやドラッグデリバリーへの応用
が期待される。しかし、層状リン酸カルシウム表面における分子認識の有無は不
明である。

解決手段
キラルな分子のインターカレーション挙動を調べ、層状リン酸カルシウムの結晶
表面におけるキラル分子認識の有無を調べる。

成果・優位性
層状リン酸カルシウムの結晶表面が、分子のキラリティーを認識できることを実証


層状リン酸カルシウム(リン酸八カル
シウム)の層間構造の変化
フーリエ変換赤外分光分析による構造評価
層状リン酸カルシウムの
ゲスト分子の取り込みプロセス



期待される市場・応用
インターカレーションを利用したドラッグデリバリー技術や薬剤複合型骨修復材料の創製
キラル分子の分離技術、センシング技術

発表文献
T. Yokoi et al., Chem. Commun., 53, (2017) 6524-6527.

謝辞 本研究の一部は、JSPS科研費(18K14308)の助成を受けて実施したものである。


研究開発トップに戻る 2019年度の一覧に戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.