研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ


試験評価技術/微構造解析 研究開発トップへ 2019年度の一覧へ

T-37
2019

触媒反応のその場観察技術


技術のポイント

ガス環境下でのその場観察により、実材料の使用環境を模擬したナノスケール解析が可能



保有技術

環境制御型収差補正TEM

FEI社TITAN E-TEM
加速電圧:80kV、200kV、300kV
点分解能:0.1nm(真空中)
導入ガス種:H2、N2、O2 etc.
ガス導入圧力:≦1000Pa(差動排気方式)
試料加熱温度:≦1200℃

実環境型TEM

日立ハイテクノロジーズH-9500in-situ
加速電圧:100kV、200kV、300kV
点分解能:0.18nm(真空中)
導入ガス種:H2、N2、O2 etc.
ガス導入圧力:≦1atm (隔膜方式)
       ≦10 Pa(差動排気方式)
試料加熱温度:≦1,000℃


触媒反応その場観察例

炭素材料触媒分解反応における触媒粒子形状変化
試料温度:~450℃


適用分野

・触媒機能評価、触媒劣化試験
・ガス雰囲気形成相のナノ構造解析



研究開発トップに戻る 2019年度の一覧に戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.