研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ

戻る

自己診断材料を用いたヘルスモニタリング技術の開発


概要:コンクリート補強部材としての長繊維強化プラスチック(FRP)に導電性を付与し、その電気的特性変化より構造物自らが損傷状況を診断する技術を開発

炭素粒子分布FRP 炭素繊維FRP
炭素粒子分布FRP 炭素繊維FRP
炭素粒子分布FRP 炭素繊維FRP


特徴:
・コンクリートに対する補強効果(錆びない鉄筋代替材)
・高い歪感度(炭素粒子分散FRP:歪ゲージの約10倍)
・最大歪メモリ機能(光ファイバセンサのように常時計測の必要なし)

コンクリート構造体への適用事例

コンクリート杭への適用 トンネルへの適用
中部電力株式会社からの受託研究 財団法人運輸施設整備事業団からの受託研究

戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.