研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ

戻る

高温高圧水中摩擦摩耗特性評価技術


目的と背景:軽水炉使用環境等を模擬した高温高圧水中において、セラミックスの摩擦摩耗特性を評価し、摺動部材としての適用可能性を評価すると共に、摩擦摩耗機構を解析し、摺動部材としての設計指針・運転指針を示した


図


グラフ


●高温高圧水中(Max.360℃,Max.210気圧)において、 摩擦摩耗特性を評価できる装置を世界で初めて開発。
●高温高圧水中のセラミックスの摩耗は摩擦面におけるトライボケミカル反応により進行することを証明。
●トライボケミカル摩耗理論式を構築し,それを基に設計指針・運転指針を示した。

【参考文献】
・S. Kitaoka et al., “Tribological Wear Theory of Non-oxide Ceramics in High-temperature and High-pressure Water”, Wear, 205, 40-46(1997).
・S. Kitaoka et al., ”Tribological Characteristics of SiC ceramics in High-temperature and High-pressure Water”, J. Am. Ceram. Soc., 77, 1851-56(1994).
・S. Kitaoka et al., “Tribological Characteristics of Si3N4 ceramics in High-temperature and High-pressure Water”, J. Am. Ceram. Soc., 77, 580-88(1994). 
・S. Kitaoka et al., “Effect of Sintering Aids on Tribological Characteristics of Si3N4 ceramics at 120°C in Water”, Wear, 179, 63-67(1994).
・S. Kitaoka et al., “Tribological Characteristics of a-Alumina in High-temperature Water”, J. Am. Ceram. Soc., 75, 3075-80(1992).

戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.