研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ

戻る

人工股関節部材の表面処理による耐摩耗性の向上


概要:表面MPC処理をおこなった人工股関節ポリエチレン臼蓋カップの摩耗特性をシミュレータにより評価した結果、摩耗が著しく低減することを明らかにした。


成果
通常の超高分子量 PEカップと比較して約1/10に摩耗量が低下される架橋超高分子量PE (c-PE) カップにおいて、MPC処理により摩耗量がさらに1/3に低減することが明らかになった。


今後の展開
長期信頼性を確証するとともに、生体安全性評価のための摩耗粉分析をおこなう。


【謝 辞】 本研究は、(株)神戸製鋼所、東京大学医学部整形外科教室との共同研究により実施したものである。
連絡先 : 瀧川順庸 (takigawa@)

戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.